【デザイン重視】キリン ホームタップの魅力を口コミレビュー!

我が家のキリンホームタップを徹底レビュー! 家庭用ビールサーバー
我が家のキリンホームタップを徹底レビュー!

「お店で飲むような生ビールが家で飲めたら
「家にビールサーバーがあったら、楽しいだろうな」

キリン ホームタップは、そんなニーズに応えたサービスです。

「一番搾りプレミアム」という、ギフト向けの普段は入手しにくい銘柄のビール(普通の一番搾りとは違います)を、おうちでビールサーバーから注げる、そんなサービスです。

実際に使っている我が家は、その「一番搾りプレミアム」の味と、ビールサーバーのデザインが、インテリアとしても気に入っています

この記事では、そんなキリン ホームタップについて、ビールサーバーを何台も使ってきた、ビールマニアの我が家が、徹底レビューします!

キリン ホームタップ公式サイト

キリン ホームタップとは

キリンホームタップの良いところ・デザイン
我が家はキリン ホームタップのデザインも気に入っています。

キリン ホームタップは、工場の作りたてのビールが自宅に届くという会員制・生ビールサービスです。

テレビのCM(中井貴一さん&天海祐希さん)で見かけて、
「自宅で(作りたての)一番搾り!良いかも!」
と盛り上がった我々夫婦(大のビール好きです)。

実際に使ってみた感想としては、とても良いです!

キリン ホームタップの最大の魅力はデザイン

ホームタップのコロンとしたデザイン
コロンと丸いデザインは愛着が湧きます。

キリンホームタップの何が良いかというと、我が家としては、そのデザイン(機能性を併せ持ったデザイン)が最も優れたところだと思っています。

ビールサーバーという家電はけっこう大きい

我が家のビールサーバー達
我が家のビールサーバー達。※左はグリーンハウス、真ん中はドリームビア

ビールサーバーを複数台、所有する我が家(マニアです。笑)。

ビールサーバーは基本的に、キッチンやリビングに設置するので、そのデザイン性はけっこう重要です。

キリン ホームタップはどんなインテリアにも馴染むデザイン

そんな中、キリン ホームタップは、角田陽太(かくだようた)さんという、MUJIのデザイナーを務めていた人が、手がけています。

なるほど「MUJIの家電」と言われても納得しそうな、キリン ホームタップはそんなデザインです

角田陽太さんの事務所の公式サイト
角田陽太さん公式サイト

普通、ビールサーバーというと、真四角でステンレス、というイメージです。

キリンホームタップの背面
背面もなんだか美しいです。

しかし、ホームタップは真逆のような、丸みを帯びた(柔らかい)白色、というデザインです。

そして、コンパクトに設計されているので、使い勝手が良く、いろんな意味でよく考えられたデザインだなぁと思います。

キリン ホームタップのビールの味は?

キリンホームタップで注ぐビール
タップからビールを注ぐ、楽しい時間です。

デザインが良いとしても、それよりも重要なのは「ビールの味」。

キリン ホームタップの「一番搾りプレミアム」(基本となる銘柄)は、ビール嫌いの人にもオススメできるような、飲みやすい味です。

苦味が少なくて、ちょっと甘さも感じるような味で、どんな料理にも合います

日本のビールならではの「食事に合うビール」

キリンホームタップで注ぐビールの泡
泡はきめ細かく、クリーミーです。

我が家はクラフトビールも好きですが、いわゆる「普通のビール」も好きです。

どちらかと言うと、クラフトビールは「ビールに料理を合わせる」という感じだと思います(個人的な感想です)。

それが「一番搾り」「スーパードライ」は、日本の家庭料理や和食の味を活かす、という感じで「どんな料理にも合う」、そんなタイプのビールだと思います。

ホームタップ「一番搾りプレミアム」は“普通のビール”の最上級

キリンホームタップで届くビールの箱
こんな感じでビールが届きます。

キリン ホームタップの「一番搾りプレミアム」は、そんな日本のビールの良さを最大限に活かしたビールだと思います。

通常の「一番搾り」と違って、「一番搾りプレミアム」はギフト商品や一部の飲食店でしか飲めないので、そんなビールが自宅でタップから飲める、というのは“普通のビール”の最上級と言えるんじゃないでしょうか。

キリン ホームタップは高い?安い?

キリンホームタップは高い?
ホームタップの利用料金は月額8250円~。

では、そんなホームタップ、使ってみて、高い?安い?と聞かれたら「安くはないけど、高くもない」と個人的には思っています(だから使っている)。

キリン ホームタップの料金

キリン ホームタップは2つの料金コースがあり、月額8250円から始められます。

まとめると、下記のような内容です

月4Lコース月8Lコース
基本料金3190円3190円
ビール料金5060円9240円
月額合計費用8250円12,430円

上記の「基本料金」には、下記のサービスが含まれています。

基本料金(3190円)に含まれるもの

・サーバーレンタル料金
・月2回の配送料金
・炭酸ガス・ストロー等の消耗品

この「基本料金」、配送料(2回)込みで3190円というのは安いですよね。

「一番搾りプレミアム」が毎月届く

そして、前述の「一番搾りプレミアム」が4Lで5060円、8Lだと9240円です。

1杯あたりの価格は下記のようになります

ホームタップの1杯あたりの価格
4Lコース421円
8Lコース385円
※1Lをビアグラス330mlの3杯分として計算

前述の通り、「一番搾りプレミアム」は通常の「一番搾り」とは違って、スーパー等では販売されていない、ギフト向けの商品です。

毎月、自分に向けてお歳暮・お中元が届く、と考えれば持ち運び(送料)も含めて、高くはなく妥当な価格だと思うのです。

キリン ホームタップの使い方と設置例

キリンホームタップの使い方と設置例
使い方は簡単です。

では、ホームタップの普段の使い方と、使っている雰囲気を紹介します。

最初に使い方の流れをまとめると、

(1)ビールを冷蔵庫で冷やしておく
(2)炭酸ガスカートリッジを装着
(3)本体の電源を入れる
(4)ボトルにストローを装着
(5)ボトルを本体に入れてチューブと繋ぐ
(6)ビールを注ぐ!

ビールを冷蔵庫で冷やしておく

ビールを冷蔵庫に入れて冷やします
飲む前に、ボトルを冷蔵庫に入れてよく冷やします。

宅急便でビールが届いたら、ボトルを冷蔵庫に入れて冷やします。

ボトルのサイズは高さ190mm、直径約100mmなので、冷蔵庫にも収納しやすいです。

炭酸ガスカートリッジを装着

炭酸ガスカートリッジをセットします
炭酸ガスカートリッジをセットします。
炭酸ガスカートリッジのホルダー
こちらが炭酸ガスカートリッジのホルダー。

本体の蓋を開けて、炭酸ガスカートリッジのホルダーを取り出します。

炭酸ガスカートリッジの箱
炭酸ガスカートリッジの箱。
炭酸ガスカートリッジ
こちらがガスカートリッジ。

ホルダーに炭酸ガスカートリッジを装着して、セットします。

ちなみに、炭酸ガスカートリッジは、8本入りの箱が定期的に送られてきます。

本体の電源を入れる

電源ケーブルを出します
電源ケーブルを出してコンセントに挿します。
キリンホームタップの電源
電源をONに。

使用する10分以上前に電源を入れて、ビールサーバー自体を冷やしておきます。

ボトルにストローを装着

キリンホームタップのビアラインキャップチューブとストロー
ボトルに取り付ける、ビアラインキャップチューブとストロー。
キャップにストロー刺し込みます
キャップにストロー挿しこみます。

冷やしておいたボトルに、キャップ&ストローを装着します。

ビールのボトルにキャップ&ストローを取り付け
ビールのボトルにキャップ&ストローを取り付けます。
ボトルをサーバー本体に入れます
ボトルをサーバー本体に。

※こちらのストローなども、定期的に送られてきます(ビール12セット毎)。

ボトルを本体に入れてチューブと繋ぐ

ボトルを本体に入れます
ボトルを本体に入れてガスのチューブを繋ぎます。
キリンホームタップ本体の蓋を閉めます
蓋を閉めたら準備完了。

ビールのボトルを本体に入れて、炭酸ガスカートリッジからのチューブをセットして、蓋を閉めます。

ビールのボトルをセットしたら、10分くらい置きましょう(すぐに注ぐと泡が出やすいです)

ビールを注ぐ!

いよいよビールタイム!
いよいよビール・タイム!

あとは、ビールを注いで乾杯!

我が家の場合、週末のご褒美的にビールを飲むので「今週もお仕事、おつかれさまでした」という感じです♪

ビールを飲み残したらサーバーで保管&48時間以内に飲み切る

ちなみに、ホームタップでは、ビールを飲み残したらサーバーでそのまま保管し、48時間以内に飲み切りましょう(下記記事で説明しています)。

我が家が感じるキリン ホームタップの(デザイン以外の)3つの魅力

そんなキリン ホームタップ、我が家が感じている魅力(メリット)は、前述の「デザイン性」の他にも、3つあります。

●省スペース
●少量でも飲める
●メンテナンスが楽ちん

省スペース

キリンホームタップは狭い場所にも設置しやすい
狭い場所にも設置しやすいです。

キリン ホームタップは他のビールサーバーと比較すると、最小サイズと言ってもいいくらい、コンパクトです。

なので、キッチンの隅っこに置けたり、使わない時も場所を取らないです。

少量でも飲める

キリンホームタップは「ちょっとだけ」も飲める
「ちょっとだけ」も飲めます。

これは他社のビールサーバーにも言えますが、「ちょっとだけ飲みたい」というような時も、ビールサーバーがあると便利です。

キリン ホームタップの場合、ボトルをセット(開封)したら、48時間以内に飲んだ方が良い、との事なので、2日以内だと、いつでも好きな時に好きな量を飲めます。

メンテナンスが楽ちん

キリンホームタップのメンテナンス
使用後、チューブに水を通します。

メンテナンスは、キャップとチューブの部分を洗う(水を通す)だけです。

これは、他社のビールサーバーと比較しても、キリン ホームタップのメンテナンスは楽ちんです

キリン ホームタップの口コミ・評判は?

では、我が家だけでなく、一般的な口コミや評判はどうなのか。

SNSや口コミサイトで調査してみました。

良い口コミ・評判

夢叶ったわー。自宅ににビールサーバー。キリンの家庭用生ビールサーバーを体験。 このクオリティの生ビールが飲めるなんて・・・最高。

Twitter より

軽くて飲みやすい。おでんと鯵の南蛮漬け、レバーの唐揚げとともに。

Twitter より

呑んだらハマります!
ホームタップに #よなよなエール が増えた時の喜びったらなかった

Twitter より

調査してみた感想としては、下記のような口コミが多いです。

ホームタップ、使ってみてどう?

・ビールサーバーが自宅に来て嬉しい
・家飲み時間が楽しくなった
・クーポンコード、ご利用ください

「クーポンコード」というのは、お友達紹介キャンペーンで、紹介した人も紹介された人もクーポンがもらえる、というものです(利用するのもオススメです)。

悪い口コミ・評判

SNSでは、利用者の悪い口コミ・評判は見当たらないですが、契約前の「もう少し手頃な値段だったら・・・」というような投稿は目につきました。

あと、口コミサイトでは、解約した人たちの、下記のような口コミがありました。

ホームタップ、解約しました(その理由等)

・料金が高い
・味が合わなかった
・解約手数料(16,500円)が不満

「料金が高い」に関しては、要するに「味」の好みが合わない、という事なのだと想像します

例えば普通の缶の「一番搾り」などと比較すると、どうしても高くなってしまうし、とにかく安く飲みたい「味よりも価格重視」、という人には向いていない、というサービスがホームタップなのだと思います。

解約手数料(16,500円)については要注意ですが、1年以上使えば解約手数料はかかりません(後述します)。

他の家庭用ビールサーバーと比較

次に、他社の家庭用ビールサーバーと、ホームタップを比較してみます。

ホームタップドラフターズドリームビア
キリン ホームタップアサヒ・ドラフターズドリームビア
キリンのサブスク。一番搾りプレミアムを基本に、一部クラフトビールも。アサヒのサブスク。飲めるのはスーパードライのみ。クラフトビールにこだわったサブスク。日本国内の小規模醸造所のビールを取り扱う。

家庭用ビールサーバーは現在、ホームタップの他、アサヒのドラフターズ、そしてDREAM BEER(ドリームビア)の3社がメジャーだと思います。

この3社を比較していきます

お手軽ビールサーバーもあり

ちなみに、上記3つはサブスクですが、「グリーンハウス」という買い切り型(?)のお手軽な家庭用ビールサーバーも我が家は所有していて、下記記事でレビューしています。

料金比較

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドラフターズ
アサヒ・ドラフターズ
ドリームビア
ドリームビア
月額料金8250円~7980円~13,500円~

単純な料金比較だと、ドリームビアが最も高く、ホームタップとドラフターズは、ほぼ同じ価格帯です。

ただ、飲めるビールの種類が大きく違うので、一概に「高い・安い」は判断できません。

飲めるビールの種類

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドラフターズ
アサヒ・ドラフターズ
ドリームビア
ドリームビア
ビールの種類「一番搾りプレミアム」を基本に、常時3~4種類アサヒ「スーパードライ」のみ国内60ブルワリー(醸造所)の100銘柄以上

「ドラフターズ」は飲めるビールが「スーパードライ」だけで、「ドリームビア」は扱うのが小規模ブルワリー(醸造所)のクラフトビールなので、どうしても高くなります。

サイズ

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドラフターズ
アサヒ・ドラフターズ
ドリームビア
ドリームビア
サイズ(本体のみ)幅230㎜×奥行283㎜×高さ355㎜幅195㎜×奥行395㎜×高さ478㎜幅308㎜×奥行340㎜×高さ449㎜
ビールの容量1L2L1.5L×2本

サイズについては、ホームタップが最も小さく、置く場所を選びません。

これは、ビールの容量の差が理由で、ホームタップはペットボトルの容量が1リットルなのに対して、ドラフターズは2L、ドリームビアは1.5リットルが2本、入ります。

デザイン

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドラフターズ
アサヒ・ドラフターズ
ドリームビア
ドリームビア
白を基調とした、MUJIの家電のようなデザイン黒色で、ちょっとデスクトップパソコンの本体のような男性的なデザイン黒色で、かなり大きい(ダブルタップの為)、目立つデザイン

デザインについては、客観的な比較が難しいですが、ホームタップは冒頭で述べた通り、ビールサーバーらしからぬ(?)テイストです。

ドラフターズとドリームビアについては、黒色で男性的なデザインです。

比較してみた感想

比較してみた感想としては、要は「ビールの好みに合わせて選ぶのが良い」という事だと思います。

「スーパードライ」が好きな人は「ドラフターズ」が良いだろうし、
クラフトビールが好きな人は「ドリームビア」でしょう。

ドリームビアについての詳細レビュー記事はこちら

そして、ホームタップがオススメの人は、次のような人でしょうか

キリン ホームタップがおすすめの人

「一番搾り」が好きだけど、他の種類のビールも飲みたい
省スペースなビールサーバーが良い
インテリアとしてのビールサーバーにもこだわりたい

会員になる前に要確認(注意点や疑問点)

会員に登録する前に、確認しておいて欲しい事についても。

1年未満だと解約手数料(16,500円)がかかる

「悪い口コミ・評判」のところでも書きましたが、契約して1年以内(最低契約期間内)に解約すると、解約手数料(16,500円)がかかります。

継続して使っているユーザーの満足度は高いので(公式サイトによると99%の満足度)、あまり心配ないかもですが、事前に知っておきたいですね。

「お試し」はない?

「最低契約期間が1年というのは長いな・・・」
「少しの期間でお試しとか、できないのかな?」
と思う人もいると思います。

「1ケ月間のお試しプラン」を開催してた時もあったのですが、現在は開催されていないようです。

ただ、ホームタップの公式サイトでは、エディオンでの体験会の案内があります(2022年11月現在)。

味やビールサーバーのサイズ感など、事前に試したい場合、体験会に申し込むのも良いですね

キリン ホームタップ公式サイト

まとめ

キリンホームタップ、おすすめです
キリンホームタップ、おすすめです。

キリン ホームタップは、ビールサーバーマニア(?)の我が家としても、自信を持ってオススメできるサービスです。

どんな料理にも合う、一番搾りプレミアムの味はもちろん、ビールサーバーのデザインは、家のテーブル脇やカウンターに置いていても邪魔しないし、愛着が湧いてきます

使っていない時も、ついついその丸みを帯びたサーバーの手触りを確かめたり(笑)

週末のご褒美的にビールを飲む事が多い我が家ですが、友人や家族が遊びに来た時、皆ビールを注ぐのを楽しんでくれています。

我々夫婦はクラフトビールも飲むし、一番搾りのようなビールも好きだし、幅広く愉しんでいますが、お客さん達の反応としては、癖のない一番搾りのようなタイプのビールが人気です。

それぞれのビール、ビールサーバーにメリット&デメリット、そして好みがあるので、ぜひこのサイト(ブログ)の記事を参考にしていただいて、美味しいビールライフを送ってください!

キリン ホームタップ公式サイト

【600×500】クラフトビール(DREAMBEER)

コメント

タイトルとURLをコピーしました