ドリームビアを購入、サイズを徹底計測(事前に場所を考えておこう)

ドリームビアのサイズを計測してみました DREAMBEER

検討の末、我が家に導入したドリームビアのビールサーバー。

設置したら、どんな感じになるのか、気になりますよね。

けっこうサイズが大きいみたいだけど、大丈夫かな?

この記事では、ドリームビアのサイズや置き場所について、実際に導入(購入)した、我が家の使用例と共に、紹介します。

ドリームビアを実際に設置したみたサイズ

ドリームビアのサーバーのサイズ
タップや受け皿を装着し、実際の(使用時の)ドリームビアのサイズを計測してみました。

まず、ドリームビアの本体のサイズについて。

公式サイトには、下記のように記載されています。

ドリームビア本体のみのサイズ

幅308mm x 奥行340mm x 高さ449mm(タップ・受け皿を除く、サーバー本体の外形寸法)

【DREAM BEER】

実際には、タップの高さや、受け皿の奥行き等があるので、上記(本体だけのサイズ)よりも大きくなります。

タップの高さをチェック

ドリームビアのサイズ(高さ)
本体に加えて、タップや受け皿の部分のサイズも考えておきましょう。

タップの長さ(高さ)が約18㎝あり、本体から飛び出す分としては、約7cm。

つまり、タップの長さを加えると、高さは約52cmとなります。

受け皿の奥行をチェック

受け皿の分のサイズも考慮しましょう
受け皿の部分は、約14㎝、前に出ます。

そして、受け皿の分も考えておきましょう。

本体と受け皿の間に少し隙間が
本体と受け皿の間に少し隙間が。

受け皿は、約14㎝(奥行き)で、装着すると少し隙間があるので、約14.5cm、前に出ます。

背面のケーブルのカバーの奥行をチェック

ドリームビアの背面(ケーブルのカバー)
ドリームビアの背面(ケーブルのカバー)。

また、背面のケーブルのカバーの奥行きが約1.5cmあります。

なので、本体の34cmに加えて、合計の奥行きは約50cm、場所を確保しておきましょう。

ビールを注ぐシーンを想定して場所選びを

ドリームビアのサイズを確認したら、設置する場所を決めます。

その際、ドリームビアの前で、ビールを注ぎ入れる事も想定しておきましょう。

ビールサーバーの手前にスペースが必要だし、高過ぎず、低すぎない場所を選んでおく必要がありますよね。

屋外に出して使う事も想定(我が家の場合)

普段、ドリームビアにはコンセントを繋いで、ビールを冷やしています。

ですが、我が家は時々、ビールサーバーを外に出して(BBQとか)、使っています。

重たい(14kg)ので、頻繁にビールサーバーを動かす事はないと思いますが、時々こうして運ぶ事も、想定して場所選びをしておいても、良いかもしれません。

クラフトビールのボトルは1.5ℓのPETボトルと同じサイズ

ドリームビアのクラフトビールのサイズ
ドリームビアのクラフトビールのボトルは1.5ℓサイズです。

ビールサーバーに入れる、クラフトビールのボトルのサイズについても書いておきます。

ボトルのサイズは、1.5ℓのPETボトルと同じサイズです。

冷蔵庫で冷やした後、ドリームビアの本体に入れる事になりますが、基本的に2本以上注文すると思うので、ビールが到着した時は、冷蔵庫にそのスペースを開けておく必要がありますね。

ドリームビアのサイズは大きい?実際に導入してみてどう?

ドリームビアの存在を初めて知った時、そのサイズを聞いて、正直こう思いました。

「ちょっと大きいな。。。」

しかし、元々クラフトビールが大好きで、しかも「家でタップ体験」ができる、というのが魅力に感じて、導入に踏み切りました。

我が家は、一戸建ての家に住んでいて夫婦揃ってビール好きです(特にクラフトビール)。

事前に置く場所を考えていたし、サイズ(大きさ)に特に不満はないですが、一人暮らしの部屋とか、家によっては置く場所に困るかも知れません。

クラフトビールが好きで、一戸建ての家とか、部屋がいくつかあるような広さのマンションにお住まいの人には、オススメしたいです。

まとめ

ドリームビアのサーバーのサイズ

まとめると、ドリームビアのサイズは下記のスペースを確保しておきましょう。

●タップ&受け皿等を含めたサイズ:(幅)約31cm ×(奥行)50cm ×(高さ)52cm

設置する場所が決まったら、「お家でタップ」の生活、オススメです!

※2022年7月現在、お得なキャンペーン中で、下記リンクから登録すると、クラフトビールが3本無料になります。

ご登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました