【どっち?】キリンホームタップvsドリームビア!4つのポイントで徹底比較!

ドリームビアとキリン ホームタップを徹底比較 家庭用ビールサーバー

家庭用ビールサーバーって、どうなんだろう?
キリン ホームタップが有名だけど、ドリームビアというのもあるみたい

キリン ホームタップもドリームビアも、どちらもサブスクで毎月料金が発生するので、契約前にしっかり検討したいですよね。

我が家はどちらのビールサーバーも使ってきたので、
徹底比較しながら紹介します!

キリンホーム タップvsドリームビア、比較するポイントは4つ

我が家のビールサーバー達
我が家のビールサーバー達。

キリン ホームタップとドリームビア、どちらもメリット・デメリットがあります。

我が家は両方を使ってきました

本記事の、4つのポイントの比較を読んでいただく事で、契約する前の参考にしていただければと思います。

比較ポイントはココ!

(1)飲めるビールの種類
(2)料金・プラン
(3)ビールサーバーの大きさ・機能
(4)使い勝手・メンテナンス

以降、それぞれ解説していきます

飲めるビールを比較

まず、ドリームビアとキリン ホームタップで飲めるビールについて、比較します。

ビールの種類はドリームビアが多い

ドリームビアのビアスタイルを選ぶ画面
ドリームビアのビアスタイルを選ぶ画面。

飲めるビールの種類は、ドリームビアが多いです、圧倒的に。

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
ビールの種類「一番搾りプレミアム」を基本に、常時3~4種類国内60ブルワリー(醸造所)の150銘柄以上

ドリームビアが「150種類(銘柄)以上」に対して、キリン ホームタップは「常時3~4種類」くらいです

ドリームビアは全国60ブルワリーのクラフトビールを取り扱い

ドリームビアのPETボトルビールが宅急便で到着
ドリームビアでは、初めて飲む銘柄、知らなかったブルワリーとの出会いがあります。

ドリームビアは全国60社のマイクロブルワリー(小規模醸造所)のクラフトビールを取り扱っています。

とにかく豊富な種類のビールが飲めます。

毎回、違う銘柄・ブルワリーを試していく、というような楽しみもあります

キリンホームタップは「一番搾りプレミアム」が基本

キリンホームタップ、おすすめです
こちらはキリンホームタップの「一番搾りプレミアム」。

キリン ホームタップは「一番搾りプレミアム」の他、キリンが手がけるクラフトビール・ブランド「スプリングバレー」や、季節限定のビールが3~4種類です。

スプリングバレー、最近はスーパーでも見かけますね♪

「よなよなエール」等のクラフトビールもあるが期間限定

キリン ホームタップの期間限定ビール
キリン ホームタップの期間限定ビール※キリン ホームタップ 公式サイト

キリン ホームタップでは「よなよなエール」や「銀河高原ビール」などの期間限定銘柄というのがありますが、基本的には好みの銘柄を決めて注文する、という使い方が多いのがホームタップだと思います。

ビールの賞味期限を比較

ついでに、ビールの賞味期限についても比較しておきます。

キリン ホームタップの賞味期限

●「一番搾りプレミアム」は35日、その他のビールは45日
●ビールセッティング後の賞味期限は2日

ドリームビアの賞味期限

●ビールの賞味期限は銘柄毎に異なるが、概ね1か月以上
●ビールセッティング後の賞味期限は5日

料金・プランを比較

次に、料金とプランを比較します。

料金はキリン ホームタップの方が安い(ドリームビアの方が高い)

料金は、キリン ホームタップの方が安いです。

ホームタップの安さの理由は、大手メーカーであるキリンが手掛けるという事と、そもそもコンセプトが違うんですよね

それぞれ、料金体系が複雑なので、項目ごとに比較していきますね。

基本料金を比較(サーバーレンタル料など)

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
基本料金
(サーバーや備品などの使用料)
3190円
※送料込み
無料or3300円(プランにより異なる)
※送料別

ここで言う「基本料金」は、ビール料金以外に必要なコスト、とします。

基本料金に含まれるもの

ビールサーバーの使用権、ストローやガスカートリッジ等の備品

キリン ホームタップは「基本料金(3190円)」を設定していて、備品やサポート料金等が含まれますが、「ビールサーバーは無料でレンタル」という設定です。

それに対してドリームビアは「基本料金」を設定していませんが
・「サーバーレンタル料金(3300円)」が必要のプラン(スタンダードプラン)と、
・「サーバーレンタル料金無料の代わりにビール料金が高い、というプラン(プレミアムプラン)
があります。

ややこしいですよね。。。

>ドリームビア

送料を比較

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
送料無料有料(クール便)

あと、更にややこしいのが、キリン ホームタップは送料が「基本料金」に含まれているのに対して、ドリームビアは送料が別です。

ドリームビアが取り扱うのは少量生産のクラフトビールがが多く、
品質にこだわると「クール便」になって高くなってしまうんですよね

ドリームビアの送料
ドリームビアの送料
>ドリームビア

ビール料金を比較

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
ビール料金
(月額最低料金)
5060円(ビール4本※4リットル)9900円(ビール3本※4.5リットル)

ビール料金は、月額最低料金は上記のようになります。

ちなみにドリームビアの上記価格は「スタンダードプラン」のものです

1リットルあたりにすると、下記。

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
ビール料金(1リットルあたり)1265円2200円

キリン ホームタップは大量生産のビールがメインですが、
ドリームビアは少量生産のクラフトビールが多いので、こうした価格差になるのでしょう

月額の最低料金(合計)を比較

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビア
基本料金3190円0円(プレミアムプラン)
ビール料金5060円11,880円(プレミアムプラン)
送料無料有料
(関東990円~)
月額最低料金
(合計)
8250円12,870円(プレミアムプラン)
※ドリームビアは送料を関東地区で計算

月額の料金は、合計すると上記のようになります。

価格の安さを重視するなら、キリン ホームタップになりますね

あと、ドリームビアに関しては、月額料金を安くする裏技について、下記記事で紹介しています↓

契約期間・中途解約について比較

契約期間・中途解約についても。

契約期間は、ドリームビアもキリン ホームタップも、どちらも1年(12か月)以上の最低契約期間があり、途中で解約した場合、契約解除料が必要です(下記)。

解約した場合の契約解除料

●キリン ホームタップ:16,500円
●ドリームビア:30,000円

途中解約については要注意ですね!

ビールサーバーを比較

次に、ビールサーバーについて比較していきます。

ドリームビアはシングルタップorダブルタップが選べる

ドリームビアとキリン ホームタップと徹底比較!(両方使っています)
左がドリームビア(ダブルタップ)、右がホームタップ。
ドリームビアとキリン ホームタップ
上から見た図(ドリームビアはダブルタップ)。

ビールサーバーの大きさ(サイズ)は、以前はドリームビアがダブルタップのみだったのが、2023年にシングルタップが登場しました。

比較が難しくなりました(笑)

ホームタップ
キリン ホームタップ
ドリームビア
ドリームビアのサイズ(シングルタップ&ダブルタップ)
サイズ(本体のみ)幅230㎜×奥行283㎜×高さ355㎜幅190㎜×奥行340㎜×高さ449㎜(シングルタップ)
ビールの容量1L1.5L(ダブルタップは1.5L×2)
※ドリームビアは「ダブルタップ」

ビールサーバーのサイズは小さい方が部屋に置きやすいですが、しかし大きいことはメリットでもあります。

ビールサーバーが大きい事のデメリット

・置く場所を選ぶ

ビールサーバーが大きい事のメリット

・容量が大きいのでホームパーティー等にも対応しやすい
・ボトルやガスカートリッジの交換の頻度が減る

なので、ドリームビアの「ダブルタップ」も私は気に入っています

ビールサーバーの大きさはPETボトルの大きさに比例

キリン ホームタップとドリームビアのPETボトル
左はキリン ホームタップ、右はドリームビアのPETボトル。

ビールサーバーの大きさは、そのままPETボトルの大きさに比例します。

つまり、キリン ホームタップはビールサーバー本体が小さいので、ビールのボトルも小さいです(1リットル)。

容量は大きい方が良いんですよね

ドリームビアはPETボトルも大きい
ドリームビアのビールサーバーはダブルタップ
ドリームビアの「ダブルタップ」(2つのタップ)だと、飲み比べできます。

ドリームビアのPETボトルは1.5リットルで、「ダブルタップ」だと2本入ります。

これが、ドリームビアの良さでもあります

ガスカートリッジを比較

ドリームビアとキリン ホームタップのガスカートリッジ
ドリームビアとキリン ホームタップのガスカートリッジ(右のキリンの方がかなり小さいです)。

ちなみに、ガスカートリッジもドリームビアの方が大きく、ホームタップはコンパクトです

ガスカートリッジの大きさも、同じようにメリット・デメリットになり、ドリームビアは大きい分、長持ちしますホームタップはビールボトル2本に1回交換する必要があります)。

ビールサーバーの機能を比較(ドリームビアは高機能)

ドリームビア本体側面のスイッチ
ドリームビアの電源(上には温度調節スイッチが)。
キリンホームタップの電源
キリン ホームタップの電源(温度調節機能はなし)。

ビールサーバーの機能は、ドリームビアの方が高機能です。

ドリームビアのビールサーバーには温度調節スイッチがあり、3段階の温度調節ができます

ドリームビアの温度調節機能

1:約7℃
2:約5℃
3:約3℃

それに対して、キリン ホームタップには温度調節機能はありません

この辺りは、ドリームビアのこだわりを感じる部分です

クラフトビールの銘柄によっては、高めの温度で飲んだ方が美味しいですからね

使い勝手・メンテナンスを比較

使い勝手・メンテナンスについて比較します。

メンテナンスはキリン ホームタップの方がラクチン

キリンホームタップのメンテナンス
使用後、チューブに水を通します(こちらはキリン ホームタップのチューブ)。

使い勝手、メンテナンスについては、ドリームビアもキリン ホームタップも、どちらも簡単です。

しかし、比較すると、キリン ホームタップの方が簡単です。

ホームタップのメンテは楽チン♪

ドリームビアは分解洗浄が必要

ドリームビアを分解洗浄
ドリームビアは、タップやアダプターを月に1回、分解洗浄します。

キリン ホームタップのメンテナンスは、キャップとチューブの部分を洗う(水を通す)だけです。

ドリームビアはどうかと言うと、タップやアダプターの部分を分解洗浄する必要があったり、キリン ホームタップに比べると、メンテナンスの行程が多いです。

ちなみに、下記はドリームビアの取り扱い説明書の「お手入れのしかた」です。

ドリームビアの「お手入れのしかた」
部品洗浄頻度(目安)
注出アダプター・タップ・注出ストローの水洗いPETボトルビールの交換の都度
タップの分解洗浄1週間に1回程度
吸気フィルター1月に1回程度
受皿必要に応じて
外装・バケット内など必要に応じて

上の行程を見ると「ドリームビアのお手入れ、面倒くさそう!」と思うかもしれませんが、やってみると難しくはなく、むしろキリン ホームタップが簡単すぎる(笑)、という感じです。

ドリームビアのメンテも別に難しくはありません

キリン ホームタップがオススメなのはこんな人

キリン ホームタップとドリームビアを比較した上で、キリン ホームタップをオススメしたいのは、こんな人でしょうか。

「一番搾り」のようなタイプのビールが好き
「よなよなエール」のようなクラフトビールも好き
MUJIのようなデザインが好き

キリン ホームタップは、ドリームビアと比較すると「ライトユーザー向け」だと思います

※キリン ホームタップの詳細記事はこちら↓

ドリームビアがオススメなのはこんな人

そして、ドリームビアがオススメの人は、こんな人だと思います。

クラフトビールがとにかく好き
たくさんの種類のビールを飲みたい
ホームパーティーを楽しみたい

ドリームビアは、ホームタップと比較すると「ヘビーユーザー」で、よりマニアックなビール好き向け、だと思います

※ドリームビアの詳細記事はこちら↓

キリン ホームタップとドリームビア、両方を実際に使ってみた感想

我が家のビールサーバー達
我が家のビールサーバー達。

我が家はキリン ホームタップとドリームビア、両方を使ってきました。

キリン ホームタップとドリームビア、どちらも良いサービスですが、両方使ってきた我が家としては、「どちらか選ぶとしたら?」と聞かれたら、こう答えます。

ドリームビアの方がオススメ!

「大は小を兼ねる」ビールサーバー

ドリームビアでホームパーティー
ドリームビアでホームパーティー!

理由としては、ドリームビアに関しては「大は小を兼ねる」というような存在だと思うのです。

キリン ホームタップはコンパクトですが、その分、容量が小さいので、大人数やホームパーティーでの利用には不向きです。

1リットルのビールは、4、5人だと1杯ずつでなくなってしまいます

他、いわゆる普通のビールが好きだったとしても、ドリームビアにも普通のビール(ピルスナータイプ)があり、それは一般的な缶ビールよりもこだわりのビールです。

だから、「大は小を兼ねる」

>ドリームビア

まとめ(あなたはどっちを選ぶ?)

キリン ホームタップとドリームビアを比較してきました。

まとめると、

●飲めるビールの種類は圧倒的にドリームビアが多い
●料金はホームタップの方が安い
●ビールサーバーはドリームビアの方が大きく、高機能
●使い勝手・メンテナンスはキリン ホームタップの方がラクチン

両方を使ってきた我が家としては、「どっちがオススメ?」と聞かれたら、

ドリームビアがオススメ!

と答えます。

理由は「150種類以上のビール」「ホームパーティー」など、自宅ビールサーバーらしい楽しみを最大限にしてくれる、と思うからです。

以上、キリンホームタップとドリームビアの比較記事でした!

ぜひ自宅ビールサーバーを導入して、充実の家飲みライフ、スタートしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました