ビールサーバーの仕組みと3つの劇的進化

ビールサーバーの仕組み 家庭用ビールサーバー
ビールサーバーの仕組みを解説!

ビールサーバーからビールが出てくる仕組み、ご存知でしょうか?

「レバーを引くとビールが出てくる」、考えてみれば不思議ですよね

本記事では、そんなビールサーバーの仕組みについて紹介しつつ、後半では、近年盛り上がってきている「家庭用ビールサーバー」に見られる3つの進化についても、紹介します。

ビールサーバーの仕組み

まず、ビールサーバーは、3つの器具からなります。

●ガスボンベ
●ビア樽
●サーバー

仕組みは、下記です。

ビールサーバーの仕組み

(1)ガスボンベから炭酸ガスをビア樽に送る
(2)ガスの圧力によってビア樽の中のビールがサーバーに移動する
(3)ビールがサーバーの内部を通る事によって冷やされる
(4)タップを倒す(バルブを開く)と、ビールが出てくる

ビールサーバーのこの仕組みのおかげで、重たいビア樽を持ちあげたりする必要がなくなるんですね。

また、炭酸ガスの圧力がビア樽の内部にかかるので、ビールの量が減っても気が抜けない&ビールが酸化しない、というメリットもあります。

スゴい仕組み!

ビールサーバーの種類とそれぞれのメリット・デメリット

業務用のビールサーバー
こちらは業務用の「瞬冷式」のビールサーバー。

前述のビールサーバーの仕組みの説明は、主に「瞬冷式」と呼ばれる方式のビールサーバーについてのものです。

ビールサーバーの種類は他にもあるので、それらを紹介しながら、メリット・デメリットについても紹介します。

ビールサーバーの種類は主に4つあります

(1)瞬冷式・ビールサーバー

居酒屋などでも使用される、最も一般的な瞬冷式。

サーバー内にある冷却プレートを電気で冷やし、ビールを急速冷却するビールサーバーです。

メリット

・ビア樽を冷やす必要がない
・最も一般的なタイプ(広く流通している)

デメリット

・電気が必要
・移動は難しい
・事前に電源を入れておく必要がある(半日ほど)

(2)氷冷式・ビールサーバー

「氷冷式」は、サーバー内にある冷却プレートを氷で冷やす、というビールサーバーです。

メリット

・ビア樽を冷やす必要がない
・電気が不要
・持ち運びが簡単

デメリット

・氷が必要
・瞬冷式に比べると抽出スピードは遅い

(3)空冷式(樽冷式)・ビールサーバー

サーバーと一体化された冷蔵庫で、ビア樽ごとビールを冷やして抽出するタイプのビールサーバーです。

メリット

・品質維持に優れている

デメリット

・移動は難しい
・ビア樽を冷やすのに時間がかかる
・電気代がかさむ

(4)直出し式・ビールサーバー

「直出し式」は、冷やしたビア樽に直接、サーバーを取り付けてビールを抽出するタイプのビールサーバーです。

メリット

・携帯しやすく、持ち運びできる(野球場のビールの売り子にも使われている)

デメリット

・ビア樽が冷えていないと使用できない
・ビア樽を冷やすための冷蔵庫が必要

家庭用ビールサーバーの登場と3つの進化

ここまで述べてきたのは、主に業務用として使われるビールサーバーについて、でした。

現在のビールサーバーを語るには、家庭用ビールサーバーについても触れておかねばなりません。

何故なら、家庭用ビールサーバーの登場によって、大きな進化を遂げているからです。

3つの「進化」を見ていきます

(1)超音波式という発明

グリーンハウスのビールサーバー「GH-BEERS-BK」を口コミ・レビュー
こちらは超音波式のグリーンハウスのビールサーバー「GH-BEERS-BK」。

1秒間に4万回の超音波で泡を作り出す、という驚きの方式のビールサーバーがあります。

見た目が本格的なスタンド型から、ビアフォーマーのようなお手軽タイプもあります。

(2)炭酸ガス式の小型化

炭酸ガス式の良さはそのままに、ガスボンベやビア樽、サーバーを一体化し、小型化したビールサーバーが登場しています。

ドリームビアとキリン ホームタップのガスカートリッジ
左はドリームビア、右はキリン ホームタップのガスカートリッジ。
キリン ホームタップとドリームビアのPETボトル
左はキリン ホームタップ、右はドリームビアのPETボトル。

ガスボンベは小さなガスカートリッジに、ビア樽は特製のペットボトルに置き替えられたり、企業努力によって家庭でも使いやすいサイズ・仕組みが生み出されています。

(3)サブスクの登場

ドリームビアとキリン ホームタップと徹底比較!(両方使っています)
左はドリームビア、右はキリン ホームタップのビールサーバー。

前述の「炭酸ガス式」の小型ビールサーバーについては、サブスク(サブスクリプション)という契約をする商品が多いです。

本来、高額である高性能ビールサーバーを、手の届きやすい価格で使えるように設計されているんですね。

数年前まで一般的ではなかった「サブスク」が今では当たり前になったからこそ、実現できた進化と言えるかもしれません。

※家庭用ビールサーバーについて詳しくは下記記事で紹介しています↓

まとめ

ビールサーバーの仕組みと種類、最新事情(進化)について見てきました。

ビールを美味しく飲む為の仕組みやアイデア、考えてくれた人たちに頭が下がりますよね

業務用が一般的だったのが、サービスや流通を含めてどんどん進化して、家庭でも使いやすくなってきたビールサーバー。

今後も、どんなビールサーバーが誕生してくるのか楽しみです♪

ドリームビア

コメント

タイトルとURLをコピーしました