クラフトビールの定義は曖昧?【アメリカと日本の違いと歴史】

クラフトビールの定義とは クラフトビール基礎知識
クラフトビールの定義とは?

クラフトビールとは、小規模なビール醸造所で作られる、こだわりのビール、というイメージでしょうか。

ただ、現在はキリンアサヒなどの大手メーカーも「クラフトビール」を販売していたりします。

いったい、クラフトビールの定義は何なのか?

考えてみれば、あまり詳しく知られていないですよね。

結論から言うと、日本の場合、クラフトビールの定義は曖昧なのですが、この記事では、そんな事情を紹介しつつ、その歴史についても触れます。

【201×200】クラフトビール(DREAMBEER)

クラフトビールのアメリカでの定義

アメリカのクラフトビールの定義
アメリカのクラフトビールの定義は明確です。

アメリカでは、クラフトビールは下記のように定義されています。

クラフトビールの定義(アメリカ)
●小規模である事
●独立している事
●伝統的である事

日本ビアジャーナリスト協会 

まず、上記3つについて紹介します。

小規模である事

「小規模」とは、年間生産量が70万キロリットル以下、とされます。

独立している事

「独立している事」は、クラフトビールメーカー以外の酒造メーカーに所有されていたりしない、という事。

伝統的である事

「伝統的である事」は、麦芽100%のビールを主力商品としているか、もしくは大半が麦芽100%のビールである事、とされています。

※味わいの特徴を強めるために、他の原料を使っている場合は麦芽100%にこだわる必要はない、とされています。

クラフトビールの日本の定義

日本のクラフトビールの定義
日本のクラフトビールの定義とは?

では、日本ではどうか。

実は、これがけっこう複雑です。

まずは「全国地ビール醸造者協議会」の定義が下記です。

クラフトビール(地ビール)の定義(日本)

●酒税法改正(1994年4月)以前から造られている大資本から、独立している。
●1回の仕込単位(麦汁の製造量)が20キロリットル以下
●伝統的な製法、もしくは地域の特産品などを原料としている、地域に根付いている。

全国地ビール醸造者協議会 ※抜粋して引用

上記は、全国地ビール醸造者協会によって、2018年に定められた定義です。

日本の「地ビール」・クラフトビールの始まり(歴史)

ここで話しがちょっと逸れて、日本の地ビール(クラフトビール)の歴史について。

日本では、ビールを作る為には「ビール製造免許」が必要です。

その製造免許を取る為には、年間で2000キロリットル以上のビールを製造しなくてはなりませんでした(1994年まで)。

その為、日本で流通しているビールは大量生産に向いていたラガービール、特にピルスナーというビールでした。

いわゆる「普通のビール」ですね。

酒税法改正によって始まった日本の地ビール

その状況が変わったのが、1994年の酒税法改正です。

法改正の規制緩和よって「2000キロリットル→60キロリットル」まで引き下げられたのです。

そうして、各地に地ビールの醸造所が続々と誕生しました。

2010年頃から呼ばれ始めた「クラフトビール」

その後、地ビールの流行が落ち着いて「クラフトビール」という言葉が出てきたのは、2010年前後です。

大手ビールメーカーの参入によって日本での定義が複雑に

アメリカでは、前述のようにクラフトビールの定義の一つに「小規模である事」があります。

しかし、日本では大手ビールメーカーも「クラフトビール」を販売し始めました。

キリンのホームページには、下記のように書いてあります。

日本ではクラフトビールの明確な定義はないと言われている。
キリンではお客様がそのビールを飲むときにどう感じるかを第一に考え、クラフトビールを造り手の感性と創造性が楽しめるビールと定義している。

KIRIN(クラフトビールとは)

日本のクラフトビールの定義は曖昧?

こうしてみてくると、日本の場合、「地ビール」の定義の名残もありつつ、実際にはけっこう曖昧なんだな、という印象です。

1994年の酒税法改正によって「地ビール」がたくさん誕生しましたが、その時点を日本のクラフトビールの始まりとするかどうか、というのもハッキリしないです。

ただ、クラフトビールの歴史は始まったばかりです。

今後「日本のクラフトビールの定義」がしっかりと確立していくのを楽しみに、今日も乾杯!

今回のお勉強はこれまでです♪

【600×500】クラフトビール(DREAMBEER)

コメント

タイトルとURLをコピーしました